MATCH SCHEDULE / RESULTS
試合日程・結果

北摂1部リーグ 第6節
vs FC川西 3-0 win

日付 6月11日(土)
会場 猪名川河川敷第3B
13:40 KICK OFF
 
●スターティングラインナップ
GK 17 二ノ宮 康作 (生瀬SC)
DF 51 中内 大斗 (ウッディSC)
DF 39 西田 有希 (ユアサSC)
DF 6 前場 健太郎 (甲子園SS)
 →60分 58 大塩 航汰 (若葉FC)
MF 14 宮垣 健人 (秦野FC)
MF 21 佐藤 汰一 (DREAM FC)
MF 66 花田 司 (けやきFC)
 →58分 20 久藤 颯人 (津門SC/ヨーケンFC)
MF 2 亀田 永遠 (秦野FC)
FW 10 池田 悠一 (秦野FC)
FW 11 森本 篤祐 (瓦木SC)
 →60分 大淵 陽向 (FC甲東VIVO)
FW 12 三好 利玖 (あかしや台SC)
 →49分 25 亀井 秀斗 (生瀬SC)
 
●リザーブ
GK 1 佐々木 泰雅 (甲子園SS)
DF 3 下之門 唯斗 (北条FC)
DF 4 家村 洋輝 (緑台スーパーキッズ)
DF 16 竹田 侑生 (秦野FC)
MF 30 杉浦 太一 (アリバSC)
MF 73 光浪 慧 (アリバSC)
FW 41 岩口 琥太郎 (アミーゴとどろき)
 
●試合内容
開幕5連勝無失点と安定した戦いを見せている北摂リーグ。
北摂リーグ特有の狭いピッチにも慣れて最近では対応力が備わって来たと感じる。
 
前半開始早々に試合は動く。立ち上がりのキックオフで51 中内のロングフィードを受けた2 亀田が縦突破を仕掛けてCKを獲得。右からのCKを21 佐藤がインスイングの鋭い球を入れて、14 宮垣が頭で合わせて開始40秒で先制。
北摂リーグ開幕してから全試合でセットプレーからの得点と狭いピッチの北摂リーグでは重要になるプレーでしっかりと得点をし続けられている。
 
前半5分。左サイドからのクロスに対して11 森本がシュートしブロックに合うもこぼれ球をまたしても14 宮垣がダイレクトで合わせて追加点。
しかしそこからはゴール前を固められて、シュートチャンスは作るも決めきれず2-0で前半を折り返す。
 
後半4分にサイド攻撃から得たCKを21 佐藤のニアに鋭く曲がる球に、またまた14 宮垣が合わせて3点目。宮垣自身もハットトリックと好調を見せる。
後半になり相手も少し捨て身のプレーで人にプレーして来たのに対して少しバタついた時間帯もありましたが、最後まで集中力を切らさずに3-0で試合終了。
見事開幕6連勝無失点を継続することができました。
 
次節は6月19日(日) カルディオFC Bとの対戦となります。引き続き応援の程、よろしくお願い致します。
 
●谷口監督コメント
最近リーグ戦では、立ち上がりの早い時間帯で得点できる事が多く、それが安定した戦いを続けられている要因であると思うが逆に後半の停滞感に繋がっているとも感じる。無理して追加点を狙う必要はないが常にゴールを狙い続けて、得点する技術、メンタルがまだ足りない。
北摂リーグでは引かれる事が多いのでゴール前のアイディア、強引さ、得点に繋がるようなプレーをもっとし続けないといけない。その中でセットプレーで得点が出来ているのも良い事だし好調の理由だと思う。選手たちもCKを取ったら「必ず得点できる」という雰囲気が出てきている。
ただ、以降の相手はそこを警戒して来ると思うのでバリエーションを増やすなどして対策したいと思う。
 
戦術面では守備の役割や狙いがかなり整理されて来て相手がどんな配置で来ても対応できる立ち位置を取れてきた。
そういう意味でいうと攻撃面での整理(特にゾーン3)が必要だと感じる。もちろん、選手のアイディアやフィーリングを大事にしたいとは思うがそれだけではポジションが被ってしまったり単調な縦に早い攻撃になってしまうのでどのタイミングで速攻するか、遅行するか、また速攻の時のポジショニングの整理をしないといけない。
 
●宮垣選手コメント
今日の試合は前半に良い感じに自分たちの流れに持っていく事ができたけれど、後半になってから勝っているのに前に焦ってしまいセカンドボールを回収したあとのしっかり2つ繋ぐなどが少なかったのでもう少し落ち着いてプレーできたら良かった。
 
●次節日程
vsCALDIO FC B
日付 6月19日(日)
会場 猪名川河川敷第3B
9:00 KICK OFF
※ Instagramライブ配信予定
  URL:https://www.instagram.com/arriba.sc/